***
普 通 車 検
●検査合格のための点検・整備+不具合箇所の整備+予防整備(※)を行います。
●次回車検まで安心して乗れます。
●整備にあまり詳しくない方、忙しくて整備に手が回らない方にお勧めします。
 ※予防整備
 摩耗が進んでいたりして近い将来、危険な状態になると予想される部分を予め整備すること

@ 受 入 検 査
  最初に行なう作業がこの受入検査です。
ここでは、各種機能(ライト、ワイパー、ブレーキ等)、アライメント、排気ガス等を検査します。

ブレーキのテスト。右の写真のテスターで利き具合を測定します。

A 車 検 整 備
ここでは、受入検査で不合格となった部分を、修理、整備します。また、エンジンルーム、足回り等の検査、修理・整備を行ないます。 受入検査で要整備と判定されたブレーキの部分を分解整備します。

足回り(タイヤ、ブレーキ、ブレーキパッド等)の悪い所を修理、整備します。右の写真は、ブレーキ部分の部品(ドラム)をはずした所です。

B 完 成 検 査
最後に、受入検査時と同じ内容の検査を行い、すべて正常かチェックします。


ニ ュ ー 車 検
●とりあえず検査に合格し、整備は後日。予防整備は行いません。
●整備に自信のある方にお勧めします。
●ユーザーご自身に立ち会ってもらいます。
●車検のための点検整備だけなのでその時点では費用が少なくすみます。
●後でしっかりした整備が必要です。
予約
入庫
受入
検査
分解
点検
結果
説明
不合格
部分の整備
完成
検査
引渡し


板 金 塗 装
●普通板金塗装
比較的大きな破損を時間をかけて修理します。

●軽板金塗装
ちょっとしたキズ、へこみ等を短時間に修理します。



法 定 1 年 点 検
乗用車の場合、次の車検まで2〜3年ありますが、この間に部品等の摩耗、劣化による機能低下は、避けることができません。
1年毎に点検して危険の芽を摘む必要があります。


ス マ イ ル 点 検 ( 任 意 )
●夏冬点検
夏から冬へ、冬から夏へと運転環境が大きく変わります。車にも異常が発生しているかもしれません。

●遠乗り点検
長距離走行、高速走行を安全に行なうための事前点検です。

●安心点検
日常、走行距離が長いとか、過酷な状況での 運転が多い車は5,000km位で点検した方が安心です。


ポ リ マ ー シ ー ラ ン ト
クリスタルシールドによる塗装保護処理です。
紫外線や酸性雨、走行摩耗からお車を守ります。


ウ ィ ン ド ウ リ ペ ア
ウィンドウガラスのちょっとした傷、ヒビ割れは放っておくと広がってしまい、ガラス交換が必要になり多額の費用がかかります。
そうなる前に処置をしましょう。


新車・中古車の販売
国内各メーカーの新車・中古車について、ご希望の車種をご予算に応じてお見積りします。


自動車保険
自動車保険・火災保険その他お客様に最適な保険のご提案をさせて頂いております。
気になること・わからないこと・知りたいこと、何でもお気軽にお話ください。